知床倶楽部ガイド

世界自然遺産

知床国立公園

知床沼登山ガイド

知床沼は標高900m、知床半島先端部に位置する沼です。知床倶楽部ガイドでは人力であることをベースに、個人で参加されるかたへ質の高いガイドプログラムを提供します。知床の魅力である厳しさを、体力と気力、あなたの身体と心で実感してください。

登山道はありません

知床沼に整備された登山道はありません。知床半島先端部地区にそのような場所はなく、起こりうるすべてにおいて自己の判断と責任が求められる厳しい地域です。

知床沼ルート

ヤブや崖はあります

進むべきルートはササ薮やハイマツに覆われていることが多く、また、垂直に近い岩壁、斜面を登る箇所があり、ロープ等による確保を適宜行う必要があります。

知床沼ヤブ漕ぎ

利用の心得

知床沼登山は知床ローカルルール「知床半島先端部地区利用の心得」を遵守し実施します。利用ルールについてはこのページ下部にあるリンク先で入手できます。

知床沼
知床沼ヒグマルール情報

ヒグマのこと、ルートのこと、注意がたくさん

知床半島は世界有数のヒグマの生息地。脅しではなく、先端部地区にも本当にたくさんいます。山のみならず海岸線も油断しないように!

近年は樹林帯にエゾシカの獣道が縦横無尽に走っており、登山道と思い込んで道迷いをする人が多いですが登山道はありません。踏み跡は登山道ではないのでくれぐれも注意を!

知床の山で1泊ガイド詳細

人数 1~3名程度

期間 6月~9月まで 

所要日数 1泊2日(+予備日)

集合/解散 羅臼町内など(詳細はお申し込み時に決定します)

個人装備(みなさまに用意いただくもの)

  • レインウエア、ザックなど夏山標準装備
  • フリースなどの防寒着、着替え
  • 寝袋、マット ※なければ応相談
  • ヘッドランプ(LEDなど明るいもの)
  • 行動食(非常食含)、飲料水
  • ストック、スパッツ

団体装備(ガイドが用意します)

  • テント
  • コッヘル、ガスストーブ、箸など調理・食器類
  • 朝夕の食料、携帯トイレ、救急セットなど

料金 記載はお一人様あたりのガイド料金です(税込・保険込・朝夕食事込/行動食別途

知床沼ガイド
1名様/60,000円
2~3名様/40,000円
知床沼

   お申し込みにあたって

悪天候のガイド時は

このプログラムでは知床岳へは登りません。また、知床沼への到達を保証するものではありません。悪天候やアクシデントの場合、途中で下山することもありますのでご了承下さい。行動中、ガイドの指示に従っていただくようお願いします。

行動中はガイドに従って行動を

1泊以上の登山プログラムにはできる限り予備日を設定することをおすすめしています。都合上予備日がとれないため参加を迷われている場合など、お悩みのさいはお問い合せください。

知床羅臼岳の携帯トイレ

知床倶楽部ではガイド登山参加者の方に携帯トイレの利用をお願いしています。

知床沼
知床倶楽部ガイド申し込み問い合わせ

●参加者全員のお名前・ご住所・生年月日・年齢をお知らせ下さい。保険加入の際に必要になります。

●登山計画の参考に、これまでの登山経験などもお知らせいただけますと幸いです。

●サイト内に記載のほか、必要な装備につきましてはお申し込みいただいた後、弊社よりお知らせいたします。

●メールフォームよりお申し込みいただいた後、弊社よりご返信を差し上げます。

2日以内に弊社より返信のないばあいは恐れ入りますが、再度ご連絡いただけますようお願い申し上げます。 そのさいは直通メールへ直接ご連絡いただけますと幸いです。ご不明な点ございましたらお気軽にお問い合わせください。

ガイド直通アドレス

当日の悪天候による中止以外の、お客様都合によるキャンセルは、キャンセル料金が発生いたしますのでご注意ください。

キャンセル規定

万が一に備えて必ず保険に加入していただいております(お申し込み完了後こちらで手配いたします)。詳しくはガイドトップページに記載しております。

ルサフィールドハウス

事故が起きれば今後の利用そのものへ影響を及ぼす可能性があります。バックカントリー利用者に求められていることを正しく理解し、実践してください。利用ルールはガイドツアーの有無問わず皆が守らなければ意味がありません。知床岳登山を計画している人も利用の心得をよく読みましょう。それぞれに素晴らしい体験ができることを願っています 。

知床半島先端部地区利用の心得(PDFデータ:ルサフィールドハウスで入手可能)

web版利用の心得「シレココ」(環境省HP内)

知床沼